Hosted by Stibo Systems

2020年にはマスターデータ管理はどうなるか ? それによる私たちへの影響は?

まとめ

変化は絶え間なく起こります。Gordon Mooreは、1965年に、「Change will never be this slow again(今以上に変化がゆっくり起こることはないだろう)」と発言しています。

では、 マスターデータ管理(MDM)の未来はどうなるのでしょう?

  • 今後数年の間にどう変化するのでしょう?
  • 新しいビジネス・ニーズやビジネス・モデルにどう対応していけばよいでしょう?
  • 新しいテクノロジーや新しい技術的パラダイムをどう活用していけばよいでしょう?
  • 何が今のままでよく、何を変える必要があるのでしょう?
  • 新しい世界にどう備えればよいでしょう?

このウェビナーはMDMが今後数年でどのように変わるのかを検討します。貴社の戦略的計画の助けとなることでしょう。


スピーカー

John Radcliffe
ディレクター
Radcliffe Advisory Services Ltd

John Radcliffeは18年間のGartner社でのアナリストとしての職歴を含む、IT業界で35年以上の実績を持っています。Gartne社rでは会社のマスターデータ管理の主要リサーチに関しての主要なセクションを作成しました。現在自身の顧問会社を立ち上げ、MDM及びデータガバナンスを専門に、エンドユーザー組織がMDMの採用、実装に成功できるよう指導しています。

今すぐ無料で利用できます